2014年09月

2014年09月26日

2014.11.23(日)Live Spot RAGは、スミトバン♪

IMG_0729
2014.11.23(日)Live Spot RAG

花田えみHAPPY8DAYS/7にて

【フジタスミト&ばんただあき】が復活します

バンド:MARBLE WINGが始動して以降、
コンビでやることがほぼなくなった現在、
久しぶりに武者震い的に腕が鳴っております♪

DSC_8942
Acoustic【 HARD ROCK】 UNIT
と自称して
アコースティック然とした音を出さず
アコースティック然とした舞台をせず

大音量、絶叫、大暴れ

決してそれを身上とはしておらずとも
感情の昂ぶるままに任せたステージを
今回も二人で繰り広げる所存デス♪

ただひとつ

「唄を大切にする」

その気持ちだけは二人とも
しっかと持ち合わせておりますゆえ♪

全力フルスイングをお見届け下さい

楽しみだ!!!!!!!!!!!!!

詳細は下記にてご確認下さい
http://www.ragnet.co.jp/livespot/4354

どうぞ宜しくお願いします♪



plinks at 18:42|PermalinkComments(0) LIVE告知&ポスター 

2014年09月08日

遡れない運命(さだめ)のなかで♪:9/6スローハンド

v1410141124
9/6スローハンド、スミトsoloでした

お天気が不安定ななか
足をお運び下った皆さん

来れずともお気遣い頂いた皆さん
共演者のお客様
ドンキー田中、橋村恭平 ※敬称略
スローハンド

涼しくなってきているお日柄ですが
季節に取り残されたが如き汗だくだく(笑)

毎度のフルスイングは
見届けて下さる方々のおかげデス

ホントにどうもありがとうございました!
-----------------------

20代(橋村くん)
30代(ドンキー田中さん)
40代(スミト)

世代の違う3人が
ココロ打ち解け合えた理由は・・・

田舎、でした

高知県の橋村くん
鳥取県のドンキー田中さん
滋賀県のスミト

なんていうか・・・

どうしても出てしまう
田舎もんの生真面目感というか(笑)

いやそれは決して悪い意味でなく
ボクにはとても嬉しく感じられました♪

育つ場所、育ち方

誰もが等しく
年齢を遡れない運命

意識せず放っておいても
いずれ本当に大切なものになるよ♪

橋村くん、ドンキー田中さんの唄を
そんなことを思いながら聴いた夜でした

※またコイツ偉そうに
とか言う人いそうやね、すみません(笑)

-----------------------

頂戴したアンコール

「Anoter One ~もう一人の僕」

16歳のときに原形が出来た
音楽とも呼べない代物を唄いました

恥とは思いやしませんが(笑)

フジタスミトは
こんなとこから始まったねん

違う世代のお二人への
アンサーソング的に唄いました


楽器屋ひとつない
滋賀の田舎が嫌でした

琵琶湖とビワコタワーしかない
こんなとこ、いつか抜け出してやる

そんな無謀に躍っていた10代


誰かの音と
誰かの言葉を
切り貼りした寄せ集め

自分の力と思い込み
出来あがった唄もどき


今では時代からも年齢からも
我が身から遠いて終い込んだもの故
平時は稽古することすらありません

でも、一字一句間違えないのです

唄(のようなもの)が書けた

その喜びと自画自賛から
何度も何度も唄っていたんだな・・・

そう改めて
気づかされてしまいました

音としての出来不出来は置いて
大切なものには違いないのでしょう

でも
フジタスミトの過去を
自己紹介する以外に意味のない

もはや、昔ばなし

とはいえ今夜は意味を持たせて
お届けしたつもり、でございました♪


今も大儀では、音も言葉も
誰かの借り物なのかもしれません

ただしその勘違いの量が膨大になり
真似のできない紡ぎ合わせが出来たなら

誰かの音、誰かの言葉は

誰のものでもない普遍的なモノ

誰のものにもなる普遍的なモノ

ありのままの本来の姿を取り戻して
紡ぎ合わせた人の唄になるんじゃないか

かなりな勝手解釈ですが(笑)
ある種開き直った言い訳をかまして
おしまいにしたいと思いマス(笑)

どうもありがとうございました、おおきに♪

-----------------------
※音や言葉を、故意、意図的に
拝借して作曲される方たちについて
ボクは意見する立場にありません、悪しからず



plinks at 12:23|PermalinkComments(0) がれき本体