2015年08月11日

10年の走馬灯:8/8岡山・玉野Musik

えがお
恒例夏のぷちつあー1日目

8/8岡山・玉野Musik、スミトsoloでした!

観に来て頂いた皆さん
CDをお買い求め頂いた皆さん
来れずともお気遣い頂いた皆さん
大森紀郎を観にいらした皆さん
大森紀郎※敬称略
Cafe & Live Musik

そして
玉野で毎回お世話になる
虹の橋が架かり続けている方たち

皆さんのおかげで、10周年です♪

皆さんがいなかったら
続かなかったであろう10年です

むじーく
初めての場所、Cafe & Live Musik

16曲2時間、フルスイング
思いっきり振り回させて頂きました♪

本当にありがとうございました!

むじーくもーにんぐIMG_2063
店主佐々木守

兄貴、今年も世話になりました、ホンマにありがとう♪

玉野海
実はね「きたま10周年」って言いつつ
事情で帰れなかった年があるので

足かけ数えて【11年】になるんです、たぶん

「凪ぎ」の瀬戸内海が
ホントに琵琶湖に似ていて・・・

初めて訪れた気がしなかった

そして、優しい人がいる町だった

それが玉野へ帰り始めた
そもそものきっかけでした

唄うたい「きよふみ」が
スミトに授けてくれた縁です

ありがとう、きよふみさん♪
-----------------------

・やまももホール
・喫茶 防風林
・TSUTAYA インストアライブ
・楽彩工房Musiart Cafe

そして
・Cafe & Live Musik

色んな方のお世話になって
色んな場所で唄わせてもらってきました

唄う場所が膨らむにつれ

「年に2,3回帰ってきたらOKやんな♪」

なんてことを言いながら
結局なんやかんやあって・・・
夏の一回しか段取り出来ず今に至っています

あかぺら
11年前、玉野で初めての舞台だった

やまももホール

忘れもしない

最後の曲の手前で弦が切れて・・・

舞台袖で心配するスタッフをヨソに
ステージに「ゴンッ!」とギターを置いて

ホールの舞台に腰掛けながら
アカペラで唄った"ひだまり"

ライブの後で
駆け寄って下さったおばちゃんが

「最後の唄だけの、感動したよ!」

そう言ってCD買って下さって・・・

トラブルは己の覚悟次第で
アドバンテージになる、って教わりました

玉野に着いたのが午前4:00ごろで
見上げたらバカみたいに星が見えて・・・

それだけでもう、玉野が好きになったなぁ♪

防風林
 いつのまにか毎シーズン
「ただいま!」ってドアを開ける場所

喫茶 防風林

先代の看板犬、故ガルボと、2代目オレオ

ママさんと2匹のゴールデンが
こんな勝手者を暖かく迎えてくれます

※先代ガルボは心の中にいますから

防風林おむIMG_2057
防風林のホットコーヒーは
ボクが勝手に決めた玉野市民スイッチで(笑)
いつも「きたま」は、コーヒーから始まります

音響を持ち込んだり、生音でやったり・・・

地元玉野の唄うたいに加えて
ボクが京都から引っ張ってきた
数人の演奏家たちの交友と共演

防風林でのライブは
出演者以外の方たちの
手厚いサポートあってこそでした

音響持参で乗り込んできたのに
スピーカーケーブルが間違ってて
結局縁あるKさんにPAやってもらったり(笑)

れんこんコロッケはじめとする差し入れや
Birthdayサプライズで用意してくれた
フルーツ王国岡山がたっぷりのケーキ&お祝い

フジタスミトを喜ばすために
一肌脱いで下さった方々、それぞれの笑顔

防風林は数えきれない宝物をくれました

11年のあいだに積み重なった
「業の氷」はもう溶けないにせよ・・・

これまでも、これからも防風林だけは

【非武装地帯=No Side】だって思ってる

ママさん、いつも本当にありがとう♪
-----------------------

あれ、何年前になるんかなぁ・・・

レンタルショップ
TSUTAYAさんのインストアライブ

玉野での様々な音楽活動を
公私ともに支えて下さっている
現在Cafe & Live Musikの佐々木守

たぶんボクが新しいアルバムを出した直後で
販売機会を増やそうと彼が尽力下さったのだ

著名な方たちの音源だらけの場所

そこで・・・
どこの馬の骨ともしれない唄うたいが
ライブしながらCDを手売りするステージは

【フルスイング40分×3ステージ】

終えたら真っ白・・・灰になってました(笑)

・ペース配分しない
・一人でも多く立ち止まってもらう
・一人でも多くCDを手にしてもらう

体裁構わず
ただただ必死で演ってたら

通りすがりが足をとめて下さって
徐々に折りたたみの椅子が埋まってく

唄いながら客席の隅に目をやれば

その光景に感激して
涙ぐんでる佐々木守が見えました

彼の骨折りに少しは報いた

それがたまらなく嬉しかったなぁ♪
-----------------------

そんな佐々木守と協力者が
紆余曲折ありつつも懸命に立ち上げた

楽彩工房&Musiart Cafe

※2014.12月閉店

宇野港に隣接する
一面ガラス張りのカフェテラス

港を行き交う船
魚釣りに興じる地元の人たち
観光&デートの手つなぎ男女

浜風と潮の匂い

店内が夕暮れに染まるころ
ボクらが唄いだすステキな場所でした

数年前、このMusiart Cafeに
ベーシスト川辺ぺっぺい(ex.MARBLE WING他)を
ボサノバ弾き語りの共演者として連れてきたとき

「玉野、ええとこやな♪」って言うてくれて

まるで
我が故郷への賛辞のように嬉しかった

なくなる前に一度でも
MARBLE WINGでライブがしたかった

それだけは今も、ちょびっと心残りです

はなちゃん
残るもの、絶えるもの
繋がる人、途絶える人

また時の過ぎゆくままに
玉野の日々は続いてゆくのだと思います

それは当たり前ながら
スミトが帰る、帰らないに関わらず

またそれは当たり前ながら
スミトが唄う、唄わないに関わらず、です

願うことは、ただ一つ

皆さんが元気にいてくれること

それだけです♪


虹の橋を渡って、また「帰る」よ

どうか、待っていて下さい

ホントにありがとうございました!


plinks at 17:34│Comments(0) がれき本体 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字